ウブド村についての基礎知識、祭礼や慣習の情報など

インドネシア・バリ島に旅したい方、バリ島に興味があるという方向けに、バリ島ウブド村の祭礼や慣習などについて纏めました。

ポトン・ギギ

バリ島特有の成人の儀式 「ポトン・ギギ」

「ポトン」という擬音を聞くと「ポトンと物を落とす」というイメージが来るかもしれませんね。

まさにその通りで、ポトンはインドネシア語で「切る」とか「切り落とす」という意味なのです。

そして、ギギというのは「歯」のこと。

つまり、聞くだけで痛そうですが、歯を削る儀式のことを「ポトン・ギギ」と言います。

バリ島特有の成人の儀式であるポトン・ギギはバリ語では「モサンギ」「ムパンダス」と言われます。

バリの言葉のコラムで書いた通り、バリ語にはカーストによる言葉の差異があり「マサンギ」はスドラ(一般階級)の儀式を、「ムパンダス」はカーストある人の儀式を指します。

この儀式は大人になるための通過儀礼で、犬歯を削る儀式です。

尖った犬歯を均すことにより、欲望をコントロールし、成人として認められる儀式でもあります。

例外はありますが、遅くとも結婚式までに済まされることが多く、結婚式の際にこの儀式を執り行うことも多いです。

想像しがたい儀礼ですが、この世界には民族特有の儀礼がまだまだ多く残っていますね。