ウブド村についての基礎知識、祭礼や慣習の情報など

インドネシア・バリ島に旅したい方、バリ島に興味があるという方向けに、バリ島ウブド村の祭礼や慣習などについて纏めました。

タリ・バリ

定期公演では味わえない、奉納舞で本物の感動を。。

タリとは「踊り」のこと。つまり、タリ・バリは「バリ舞踊」と訳すことが出来ます。

大まかに分けて、バリ舞踊は3つのカテゴリーから成っています。

ひとつは「タリ・ワリ」と言われる祭礼のための儀式舞踊です。

これは日本で言うところの、神社の巫女さん・神官が神面を付け舞う神楽に匹敵するかもしれません。

神迎えや祭礼の場を浄化するために踊られるものです。

定期公演では、必ずと言っていいほど、最初の演目としてウェルカムダンスが踊られます。

踊り子が花々を撒きながら踊るのですが、この演目の原型はワリに属し、花びらを撒くことは場の清めを意味していました。

他には、定期公演でよく観るレゴンなどの演目、これらはバリバリアンと呼ばれます。

娯楽性の高いものですが、元々は王家によって楽器・奏者・踊り子は統括されていたため、その昔、踊り手に選ばれることはとても誉れ高いことでした。

タリ・ワリとバリバリアンの中間に位置するのが「チャロナラン」「バロンダンス」と言われる聖獣バロンと魔女ランダの話を軸とする儀式舞踊や、アルジャなどの舞踊劇です。

定期公演用にアレンジしたチャロナランや、前世紀に創作されたケチャなども観覧することが出来ます。

けれど、オダランなどで奉納舞を観ると、定期公演では感じられない感動があります。

機会があれば、正装に身を包み、祭礼の夜の寺院でバリ芸能を満喫したいものです。