ウブド村についての基礎知識、祭礼や慣習の情報など

インドネシア・バリ島に旅したい方、バリ島に興味があるという方向けに、バリ島ウブド村の祭礼や慣習などについて纏めました。

バリの時間

せかせかせずに、ゆったりのんびり。。

バリ島のみならず、アジアに流れる時間はゆったりとしています。

だからと言って「バリの人々が暇なのか?」というとちっともそんな事はなく、こと女性は供物作りに家事に子育てにと多忙です。

バリの村社会で暮らしてみると、相互扶養のシステムを守り生きることは心強くあると同時に、外部の人には想像できない煩わしさも多々あります。

バリの暮らしがのんびりしているのではなく、人々の所作がせかせかしていないから、のんびり暮らしているように見えるのだと思います。

アジアを旅して自分と同じ日本人ツーリストを見かけたら、ちょっぴり意地悪に観察してみて下さい。

姿勢悪くつんのめるようにせかせか歩く姿に、我が身を省みることが出来るかもしれません。

しかしながら、オンタイムを常とする日本人としては、慣れないバリの時間感覚にやきもきすることも確かです。

バリには「ジャム・カレッ」なる時間が存在します。

ジャムは「時間」カレッは「ゴム」、つまりゴムのような時間、自在に伸び縮みする時間を指します。

例えばこんな風です。

「ねぇ、お祭りは何時に始まるの?」「さぁ、大体8時くらいかなぁ。」

大体8時と言われたら、9時か10時までが許容範囲と認識してください。(笑)