ウブド村についての基礎知識、祭礼や慣習の情報など

インドネシア・バリ島に旅したい方、バリ島に興味があるという方向けに、バリ島ウブド村の祭礼や慣習などについて纏めました。

バリのタブー(日常編)

日本にはちょっとない 「バリのタブー」

ヒンズー教の島であるバリ島では、インドと同様、食事や物の受け渡しに左手を使うことはタブーとされています。

右手は神々に捧げる供物を供えたり、作ったり、食事をしたり、という時に使います。

では左手はというと、排泄の処置に使われます。

バリではトイレットペーパーを使う習慣がありませんので、トイレには水桶や簡易シャワーが備え付けてあります。

用を済ますと手桶に水を汲み、左手で水を受けながら臀部を洗います。

他にも、日本人がよくやる所作で、バリではタブーとされていることがあります。

それは子供の頭に触れることです。

日本では「可愛いわね~」と、赤ん坊や子供の頭を撫でることは自然なことですが、バリではご法度です。

頭は神聖な部位で、神が宿るとされるバリでは、子供であっても無闇に頭に触れてはいけないのです。

これは覚えておくとよいかもしれないですね。

その他にも、住んでみると色々なタブーがありますが、まずはこの2つを旅の時に意識してみて下さいね。