ウブド村についての基礎知識、祭礼や慣習の情報など

インドネシア・バリ島に旅したい方、バリ島に興味があるという方向けに、バリ島ウブド村の祭礼や慣習などについて纏めました。

9大寺院のオダラン

サカ暦でのオダランについて。

オダランのことは既に別コラムでご紹介しましたが、ここではウク暦ではなく、サカ暦でオダラン(創立祭)を行うバリの古いヒンズー寺院についてお話したいと思います。

いわゆる「村の基本3寺院に属さない、バリ中の人々が参拝に訪れる寺院」は、サカ暦でオダランが巡っている場合が多いです。

代表的な寺院として、バリヒンズーの総本山であるブサキ寺院があります。

バリの聖なるアグン山の麓に位置し、厳密には寺院群の総称であるブサキ寺院には、30以上の寺院があると言われています。

ニュピ明けの満月の日からオダランは始まります。

このブサキ寺院と同じ日にオダランが始まるのが、バトゥール湖のそばにあるウルン・ダヌ寺院、またカランガサム県の東部にあるルンプヤン寺院などです。

ほか、9大寺院に名を連ねているのは、タバナン県にあるバトゥカウ寺院・バリ島の突端、ジンバラン地区にあるウルワツ寺院などです。

どこも観光スポットとして見学可能です。

満月の夜、月明かりに浮かび上がった精緻な彫刻がほどこされた寺院は、壮麗で息をのむ美しさです。